ユーザ用ツール

サイト用ツール


演劇関係者_山田由梨氏について

演劇界が嫌われちゃった。|武藤賀洋|noteへのコメントの続き。

昨今の演劇分野には変な論者が悪目立ちしているのか、または業界全体が狂っているのかのどちらかでしょう。

山田由梨氏のこの記事が典型的ですね。『日本の舞台と芸術が死にかけている。新型コロナが落ち着いた時には手遅れになっているかもしれない - 演劇や芸術はいわば、不要不急だと思われがちなのも確かだ。しかし今、「文化をどう価値づけるか」が日本社会の中で問われているときだと思う。』, ( https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ea64e34c5b6a30004e44b6c )

山田氏の言論活動を追いました。その剥き出しの選民意識には目も当てられません。なんと〈お肉券〉を否定していたのです。お肉券構想は食料安全保障に関わる問題です。畜産業には高い公益性があります。 一般的に行政が特定の業界を特別に保護するには、その業界に高い公益性がなければなりません。畜産業には市民の生存権を支える高い公益性があります。にも関わらず畜産業への支援が否定されました(その多くは野党支持者でしょう)。

演劇分野で声を上げている方は、畜産業よりも演劇のほうが公益性が高いと考えているのでしょうか。それとも山田氏が異常なのでしょうか。

行政からの支援を求める演劇関係者の中にお肉券・お魚券を否定する方がいます。当該者は食料安全保障よりも演劇の方が高い公益性があることを説明してください。

参考資料

その1: 「山田:和牛商品券の配布検討や、マスク2枚、安倍晋三による星野源との最悪な“コラボ”動画など、国民のトラウマという感じで忘れられない気がするけど、この怒りと屈辱は忘れないでいたい。」 ( https://i-d.vice.com/jp/article/qjdyz3/yuri-yamada-keep-distance-in-solidarity ) より

その2: 『和牛商品券案を猛批判した山田由梨さんが演劇支援を訴えるもほとんど賛同を得られず』, ( https://togetter.com/li/1500242 )

演劇関係者_山田由梨氏について.txt · 最終更新: 2020/05/11 10:48 by moriya