新型コロナウイルス感染症。5月末での死者数は700人から800人程度

追記 2020-06-06 予想をだいぶ外しました。

非常事態宣言が5月末まで延長される。そこで5月末の死者数を予測することにする。なお今回はいわゆる隠れコロナ死は扱わない。
あくまでも大体の数字を抑えることを目的としているので、大雑把な計算する。

陽性者数と死者数の推移を見れば判るように、最近は概ね、陽性判定の10日後に約4%の陽性者が死亡する。感染拡大初期は24日後に死亡していたが最近は10日に短縮されている。
今回の分析では陽性者数・死者数の時系列データは5月3日までものを使っている。5月13日時点の死者数までは予想できた。5月13日時点の死者数は611人と計算できた(グラフの〈死者数予測A〉)。

この先の予測を更に進めるために陽性者数の推移を仮に置く。グラフの〈陽性者数予測〉は5月31日時点の新規陽性者数を100人と仮定したものである。この場合の5月31日時点の陽性者数は19,231人と予測、死者数734人はと予測できた(グラフの〈死者数予測B〉)。

以下同様に

  • 5月31日の新規陽性者数が50人ならば、陽性者数予測18,126人、死者数予測709人。
  • 5月31日の新規陽性者数が200人ならば、陽性者数予測20,848人、死者数予測764人。
  • 5月31日の新規陽性者数が300人ならば、陽性者数予測22,680人、死者数予測802人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です