国別の株式益回り(実質)の比較による割安株式市場の選定

こちらの記事に触発されたので、私なりに割安な株式市場を選定しました。
【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2012年7月版) – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

方法:
株式益回り(PERの逆数)からインフレ率を引いた、実質での株式益回りを国別にランク付けする。比較する国は私の裁量。

結果:
ロシアの株式益回り(実質)11.9%となり最割安。インドが-2.9%となり最割高。
ロシア・中国を除いて、傾向としてインフレ率が低い先進国が割安となり、インフレ率の高い新興国が割高となった。


(クリックで拡大します。CSVはこちら。株式益回り(実質).csv)

データの引用元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です