「核兵器を保有すべきだ」 女性賛成者は男性の4.45倍

62年前に世界で最初の核攻撃を受けた8月6日.去年に引き続き核武装について調査を行った.

毎日新聞が参院選前に行った立候補者へのアンケートに核武装の立場を問う内容があった.同様のアンケートを一般におこなった.

方法: 人力検索はてなで20歳以上の男女 計500人に核武装に対する立場を,選択肢から一つ選ぶアンケート.

質問: 日本は核の保有をするべきですか?

回答:

  • 将来にわたって検討すべきではない : 313人
  • 今後の国際情勢によっては検討すべきだ : 103人
  • 検討を始めるべきだ : 24人
  • 核兵器を保有すべきだ : 60人

参院選候補者の政党別の比較をしてみる.


アンケート結果 自民 民主 公明 共産 社民
将来にわたって検討すべきではない 63% 57% 94% 100% 100% 100%
今後の国際情勢によっては検討すべきだ 21% 24% 1% 0% 0% 0%
検討を始めるべきだ 5% 8% 2% 0% 0% 0%
核兵器を保有すべきだ 12% 0% 0% 0%

これを見ると責任政党(*)の自民党のみが民意を反映した候補者を擁立していることが判る.他の偏向した政党とは大違いだ.

男女別で比較してみる.

x 男性 女性
将来にわたって検討すべきではない 221 (64.1%) 92 (59.4%)
今後の国際情勢によっては検討すべきだ 82 (23.8%) 21 (13.5%)
検討を始めるべきだ 22 (06.4%) 2 (01.3%)
核兵器を保有すべきだ 20 (05.8%) 40 (25.8%)
合計 345(100%) 155(100%)

「核兵器を保有すべきだ」の割合が男性5.8%に対して女性25.8%にもなっている.女性は男性の4.45倍にもなった.「将来にわたって検討すべきではない」の割合も女性が男性よりも4.7%少ない.このアンケートのみを見ると,女性の方が核武装に対して容認している.女性は平和を願うというというが,このアンケートの結果を見る限りではその通りらしい.ヒロシマ・ナガサキに続く第三の悲劇を起こさない為にも核武装は必要との考えなのだろう.

Reference:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です